軍隊式性欲管理 無料立ち読み

軍隊式性欲管理!6話の内容と感想[無料立ち読みあり]

大人気同人作家のヨールキ・パールキが

描くエロ漫画の「軍隊式性欲管理」。

「アプリナシ」、「登録ナシ」で無料で読み始められますので、

まずは20ページ分くらい読んでみたい!という人はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓



⇒公式サイトで無料試し読み?
※公式サイトのBookLive!コミックへとびます

第6話は

「私が責任取るから…いっぱいして」

というタイトル。

男性兵士の

射精をコントール

しているダリア大尉

このまま

何ごともなく

射精だけを目的とした

軍の特殊部隊は

どうなっていくのか?

軍隊式性欲管理 第6話のあらすじ

ダリア大尉が

補佐官を

シャワー室で

手マンするよう

求めた日から

ダリアの補佐官に

対する

エロい視線は

日に日に増した。

そして・・・

補佐官も

ダリアの官能的な

視線にムラムラして

我慢の限界だった。

そんなとき

翌日が

休暇だったダリアは

シャワーを浴びて

くつろいでいた。

補佐官は

リラックスしている

ダリアに対して

これまでも

前任の補佐官とは

同じような

規則を無視した

性行為が

あったのか?

ダリアは、

補佐官のストレートな

質問に

これまでは

女性の補佐官しか

いなくて

性行為はなかったと・・・

そう言われた補佐官は

ダリアに

自分には

子供を作れる

精子を持っていない

ことを伝える。

そして・・・

生で挿入しても

ダリアを妊娠

させてしまう

可能性もない

ことを明確に伝えた。

補佐官は

ダリアを

誘っているようだった。

すると・・・

突然

ダリアが補佐官に

抱きついてキスをする

最初に手マンされた日から

ずっと補佐官を妄想して

自分でオナニーして

性欲を発散していた

ことを告白するダリア。

そして・・・

2人は規則のこと

なんて忘れて

激しいセックスを

始める。

ダリアの巨乳と

おまんこを

じっくりと味わう補佐官。

ダリアのおまんこが

愛液でヌルヌルに

なると

大きく硬くなった

ちんぽを

生で挿入する。

これまでの任務では

アナルとおまんこへの

挿入は禁止されていて

兵士からは

挿入してもらえず

ずっとウズウズ

していたダリア。

やっと生のちんこを

自分のおまんこに

挿入してもらい

発情するダリア。

ずっと

ずっと

ずっと

欲しかったちんぽ。

補佐官が

激しく腰を振る度に

何度もイキ狂うダリア。

イっても

イっても

イっても

何度でもイける。

そんな激しいセックスが

長時間続いた・・・

軍隊式性欲管理 第6話の見どころ

「私が責任取るから…いっぱいして」

という6話タイトルから

想像できる

規則を破って

ダリアと補佐官が

激しいセックスで

ハメ狂う姿が・・・

これまでとは

違った雰囲気のダリア。

制服のような

Yシャツから

チラ見えする

大きなおっぱいが

とってもエロい。

全裸よりも

少し見えるぐらいの

チラ見せの方が

男は興奮するし

脱がせたくなる

衝動にかられる。

ずっと欲しかった

生のちんぽを

自分のおまんこに

挿入してもらい

喘ぐダリア。

何度もイキまくる

ダリアの表情が

また抜ける。

軍隊式性欲管理 第6話の感想

補佐官から

初めて手マン

された日から

ずっと妄想して

オナニーしていたダリア。

あ~

やっぱり、ダリアも

女性らしく

おまんこに

入れて欲しくて

ムラムラしてたんだ~

って納得しました。

だって、そうですよね~

ずっと生の挿入は禁止

でも、毎日兵士の

ちんぽをシゴイて

精子を発射させる

姿を見てきてのですから

ダリア本人も

ムラムラしちゃいますよね。

目の前で

すっごいイヤらしい

AV動画を見せられて

勃起しているけど

自分のちんぽには

触ることができない

そんなのは

罰ゲームとしか

思えません。

それをダリアは

ずっと仕事として

我慢してきたけど

初めての男性補佐官で

性欲には勝てなかった

ということでしょうか。

第7話が楽しみ♪

軍隊式性欲管理 無料試し読みの方法

知ってましたか?

軍隊式性欲管理も

無料で試し読みできるんです!

しかも

面倒な会員登録やアプリも不要!

スマホでも

パソコンでも

簡単に試し読みできます!